投稿記事の一覧1

2019年の投稿記事一覧

洗顔する時の正しい方法は?
投稿記事
毎日、必ずお風呂やシャワーを浴びるとき、必ず洗顔をすると思う。特に、ニキビ肌や脂性肌の人は気にしているためにそのケアは人一倍丁寧に、行っていることであろう。そんな頑張っている人だが、間違っている洗顔方法で毛穴の黒ずみが全く落ちていない状態を何度もみてきた。ここでは正しい、洗顔方法を紹介したい。正しい洗顔を行うためにも大事なのは、洗顔料選びも重要。なのでまずは、洗顔料選び。これは以外にも軽視されがちであるが、自分の肌に合う洗顔料は人とは違う。決して評判がよいだけで使い続けても効果はうすいと思われる。なので、何種類かは試した上で決めて欲しい。泡立てネットを使ってしっかり泡立てると泡がきめ細かくなるので、肌に細かな傷を作らなくて済みます。次に洗顔料をとったら、しっかりと泡立てネットであわ立てるということをする。こうすることによって、泡の力で汚れを落とすという感覚をもってもらいたい。よく泡立てないでそのまま顔を洗っている人をみるが、石鹸は泡にこそ効力があるということを忘れてはいけない。そして、泡を肌と手のひらの間に挟み泡で肌をこするように、えんを描くように顔を洗っていく。泡立てる際にもコツが必要で、肌と手のひらがくっつかないように泡で洗うということをしっかいとやってもらいたい。以上のようなことにきをつければ、ほんとうに今までの洗顔以上黒ずみが取れること間違いなし。まずはお試しを。
緑茶石鹸の良さや魅力はどう?
投稿記事
緑茶石鹸は、キメの細かなモチモチの泡で洗顔をすることで、毛穴の奥深くにまで入り込むことができますから汚れや余分な皮脂を確実に落としてくれます。そのため頭皮の臭いや油っこい頭皮の臭いに悩んでいる方は頭皮ケアでも緑茶ベースのスカルプシャンプーを使用してみるのもありかもしれませんね。汚れや皮脂が落ちてすっきりするのはもちろんですが、洗い上がりはとてもしっとりとするのが特徴の石鹸ですから、洗顔後に慌てて化粧水をつけなくても大丈夫!それだけ水分量Maxのお肌へと仕上げてくれる優れモノ。実際に使用した方の9割以上が納得し、リピートしているのもうなずけます。緑茶石鹸には美肌成分が豊富なのが魅力の1つです。緑茶の殺菌作用に加えて保湿成分をプラスしているので、その後のスキンケアがしやすい様に工夫されています。また頭皮に活用しても皮脂の過剰分泌しないような感じになりやすいのもスカルプケアには大切ですよね。汚れをしっかりとおとしてくれる緑茶石鹸ですが、すごいところはそれだけではありません。コラーゲンやヒアルロン酸、ローヤルゼリーなど贅沢と言われている美容成分がたっぷりと配合されていますし、お茶に含まれているカテキンやビタミンCなどによって美容効果も絶大。茶葉がそのまま練り込まれていますので、お茶で洗顔しているような美肌を手に入れることができます。
石鹸でスカルプ頭皮や脇などの加齢臭を抑制
投稿記事
体臭に加齢臭が加わると、強烈なニオイを発するようになります。年齢を重ねると、体臭が強くなってくるのは、加齢によるニオイと混じってくるからです。頭皮からも加齢臭がすることもあるので、頭皮のスカルプの状態を良くしておくのも大事かもしれません。加齢臭石鹸は、加齢によるニオイを軽減してくれるものです。殺菌作用の強い成分が配合されています。有名な成分には柿渋があります。柿渋には天然の殺菌作用があります。天然の殺菌成分であり、皮膚を清潔に保つことができます。体臭が強い方というのは、入浴をあまりしない方が多いのが現状です。すべての方には当はまりませんが、入浴ではなく、シャワーで済ませる方が多いのです。シャワーの場合、入浴するのと比べて、汗や汚れが残りやすいのです。ニオイの原因は、汗とノネナールなのです。汗と反応するのがノネナールの特徴になっているのもポイントかもしれません。ノネナールとは、原因となっている加齢臭の要因となる成分です。汗と反応することで、独特のニオイを発するようになります。
化粧水を選ぶ時にニキビが出来ている場合は注意が必要?
投稿記事
スキンケアを行う基礎化粧品というと化粧水やクリーム、乳液、美容液、洗顔料などありますが、その中でも化粧水は洗顔後に行う保湿の第一歩として人気です。その中でニキビケアを行う際に日ごろ使用する化粧水を気にすることは多いと思います。洗顔後にピリッと痛みなどが出る場合にはやはり化粧水から考え直したい点ですよね。すぐピリッとして収まるなら良いけれど、ヒリヒリ感みたいになった場合には、化粧水の後もヒリヒリするのが続くし、肌に何かつけるだけでヒリヒリするので、かなり大変ですよね。スキンケアを行ってニキビが解消できればそれはうれしい事です。毛穴に炎症が起きている状態と考えれば自然に回復する要素も多いニキビなだけにスキンケアだけで改善しようと考えることも多いかもしれません。洗顔後に行う化粧水なだけに刺激が少ない方が良いというのはやはりニキビがあるなしに関わらずある程度定期的に使用するという面で刺激が少ない方が良いでしょう。>>
ニキビ跡が気になる場合にどんな化粧水が良い?
投稿記事
ニキビ跡を治すというとスキンケアだけではどうしようもないと思う事もしばしばあります。理由としてはスキンケアの本や雑誌などをよく見ますが、どれもスキンケアだけではどうしようもないと書かれているからです。理由としては美容外科で色々今では整形まであるにもかかわらず完全にニキビ跡を綺麗にするというのがまだまだ不可能だからというのがあるので、個人的にスキンケアでニキビ跡を綺麗にするというのは無理という先入観があります。しかしそれでもスキンケアをしていくのは無駄?というとそうでもなく顔中全部がニキビ跡という場合もあるかもしれませんが、ニキビ跡になっていない部分にはスキンケアには有効だからです。またニキビ跡の部分もなるべく個人的にスキンケアはしたいところではありますが、より治りにくくなってしまうと嫌なので、あくまで個人的な話ですが、ニキビ跡に良い化粧水というのは使用したくなく、通常あまり肌に負担をかけないような化粧水を使用したいと思っているからです。ニキビ跡というと色々種類がありますが、クレーターのように毛穴が潰れてしまっている場合を除いて赤みがひかないタイプなどどれも治りにくいものばかりです。茶色くなってしまったシミみたいなニキビ跡の場合でも、シミを綺麗にするというのもスキンケアで考えると無理!となってしまいやすいためどれも非常に大変です。なおかつ化粧水というと美容成分が一番少ないので、ニキビ跡を治す化粧水というとどうしても首をかしげることが多いです。美容液など美容成分など医薬部外品でしたら医薬部外品の成分がおおければそれは見てみようと思うかもしれません。
アルカリ性と弱酸性の製品の主な違いはある?
投稿記事
化粧水というのは多くのメーカーさんが販売されています。特に日本では化粧水というのが非常に人気で、海外になるとクリーム状の製品が人気だそうです。さてそんな化粧水ですが、アルカリ性化粧水というのがあります。アルカリ性化粧水は名前の通りにアルカリ性になります。といっても中性から弱アルカリ性にかけての製品が多いと思います。PHが違うというのが各製品によって異なる部分ですが、弱酸性とアルカリ性での大きな違いというのは化粧水などコスメの部分でいうと防腐剤自体の必要性が低下してくる事です。アルカリ性になればなるほど生物がすみにくい環境になっていきます。そのためアルカリ性などで代表されている石鹸などでもそうですが、アルカリ性であることも多いです。石鹸で多いアルカリ性ですが、化粧水でアルカリ性を使用するという面では水分量が多いので、雑菌が繁殖しやすいという面が関係しているかもしれません。水中の雑菌に対して効果が高いのは今ではよく使用されているフェノキシエタノールなど防腐剤の代替えよりパラベンの方が少量で多くの種類の雑菌を殺菌することができます。しかし今日では無添加志向などもあり旧表示指定成分に指定されているパラベンの仕様よりもフェノキシエタノールの印象の方が消費者への印象が良いのが関係しているかもしれません。
美白成分を配合した化粧水で水溶性や脂溶性について
投稿記事
化粧水は水が含める割合は非常に多いものです。また水は油とは分離してしまうため、水溶性である化粧水と脂溶性の乳液とは含まれている成分や相性が良い成分が異なる場合もあるようです。そのため化粧水に含まれている成分は水溶性と相性が良い成分が含まれています。その中で美白のための化粧水というとシミ、そばかすなどの予防や改善などを考えている方向けという事になります。シミなどを考えた場合にはハイドロキノンやアルブチンなどが配合されている化粧品を検討することも多くなるかもしれません。ハイドロキノンは医薬品としてクリームなどで処方されることもありますが、化粧品の場合には配合量の上限が決められています。また水溶性や脂溶性と言ったように化粧水の場合には水溶性との相性が良いアルブチンが配合されていることも多く、逆にハイドロキノンの場合には化粧水に含まれていることは少なくクリームなどがベースとなった製品に含まれていることがあります。うまくラインで両方含まれていることもありますが、美白化粧水を単品で購入しようと思った場合にはやはり、化粧水にもある程度美白成分が含まれているのが望ましいかもしれません。
植物性化粧水で使用されている成分は?
投稿記事
植物性化粧水というのがありますが、その名の通りに植物から化粧水に使用できる成分を配合した化粧水です。名称がその名の通りなので、難しいのですが、化粧水は水でほとんどできているため植物エキスが多く入っているか少なく入っているかで呼び名は変わらない場合もあるというのがあるためです。植物性エキスでもへちまなど和風感漂うコスメにも多いですし、無添加化粧水などを初めとした肌の弱い方でも使用しやすい製品を扱っているショップさんとかの化粧水でよく見かけます。非常にシンプルな構成で肌に負担が少なそうなのが見て取れますが、植物というとものすごい数に上ります。植物でも毒性を持つものもあるので使用できる限度というものもありますが、例えばバラプラセンタもバラの胎盤を使用していますが、植物なので植物性エキスとも呼べるのかもしれません。へちま以外に有名なのは私もよく海水浴で日焼けした時にお世話になったアロエです。アロエも化粧水で配合されていることをしばしば見かけますが、以外にもアロエはアーユルヴェーダのハーブとしても知られています。
収斂作用のある化粧水の特徴について考えてみた
投稿記事
収斂化粧水というと夏場テカリやすい方など脂性の方が使用すると良い化粧水ですよね。収れん作用が毛穴の中から分泌する皮脂の量を調節するのに最適といわれています。当ブログでもアルカリ性化粧水とかの特徴とか取り上げています。主に収斂化粧水の場合には、酸性であることの方が多いです。皮脂の分泌が多い脂性肌の方で毛穴の開きや毛穴の黒ずみなどが気になる方に効果的です。まずは主に収れん作用として配合されている成分にクエン酸があがります。クエン酸は主に石鹸シャンプーなどのリンスなどにも使われますが、血管が拡張しやすい場合になど夏場にはあると思いますが、主に収縮などを促して血管を縮める作用があるようです。主にタンパク質を変化させるという面で変性作用があるという風に言われています。収れん作用のあるクエン酸以外にもお顔に使用する場合には、乳酸などがあります。また一般的に消臭作用があり、体臭など加齢臭に対して石鹸でも配合されていることもあるミョウバンなども収れん作用があるといわれています。化粧水という面で見てもたまに収れん作用がある化粧水を使用するというのもメリットだと思います。
アフターシェイビングローションを髭剃りの後に使いましょう。
投稿記事
アフターシェイビングローションを使ったことはあるでしょうか?主に髭剃りの後に使用する化粧水のようなものですが、髭剃りの後に使用するメリットとしては、髭を剃るたびに肌の角質などがはがれやすいというのがあります。急な髭剃りなどを経験したことがあることもあるかもしれませんが、水で濡らしただけの顎や口周りに急に髭剃りを使ったりすると赤くはれてかゆみが出たこととかないでしょうか?学生の頃とかに起こり得る事ではあるかもしれませんが、シェービングジェルなどを使用してシェービングするという場合にはある程度角質が剥がれるのを抑えることができます。しかし体毛の中でも髭は濃く硬いので、タオルとか毎回巻いて柔らかくしてから髭を剃るというのは時間的な余裕があってもなかなか毎日習慣的に行うというのは難しいかもしれません。そんな時にシェービングローションを塗っておけばある程度かゆみなど抑えることもできますし、口の周りのメンテナンスに役立つことも多いかもしれません。髭を剃っている最中の引っ掛かりはいつ起きるか分からない場合もあるため肌荒れ防止など普段髭を剃る際に肌のトラブルが多くなりがちの方はうまくアフターシェイビングローションを活用してみると良いかもしれません。
男女共通して顎の悩みは面倒
投稿記事
顎の悩みというのは結構多いものです。体の特にフェイスラインに大きく影響してしまうので、顔の印象などにも大きくかかわってくるし、顎のたるみは太って見えやすいというのもあります。またニキビがあるとやはりニキビが自然と多いのかな?という印象もあるのかもしれませんね。顎に出来るニキビの場合には男性や女性両方ともありますが、男性の場合には、特に髭剃りなど髭剃り負けによってニキビが出来たり肌が荒れてしまう人も結構多く、ただれてしまうという事もあるかもしれません。顎ニキビの場合には女性でも産毛が多くなってきたりなどホルモンバランスに関係してきているようです。生理周期など男性と女性では違うという面もあり、ケアの方法も違うのかもしれませんね。顎のたるみというのは男性女性関わらずありますが、ダイエット方法では今では色々ありますが、特に噛むことが大事な面もあるようです。置き換えダイエットなど栄養面のバランスは整っていても噛むことが少なくなるようなダイエットも今では多いので、ノンカロリーのガムなどをかむなど工夫をするとよいかもしれません。
髪の艶をアップさせるのにホホバオイルは良い?
投稿記事
髪の艶をアップさせるためにはシャンプーやトリートメントの成分とかで色々あるけれど個人的にはホホバオイルが気に入っている。理由は簡単でホホバオイルは保湿以外にも殺菌力があるのでフケなどの予防にも良いそうです。皮脂を通過する事もできるそうなので結構エッセンシャルオイルの中では高い傾向があるようだけど、個人的にお気に入りのオイルです。アルガンオイルとか活用するのもありですが、ホホバオイルよりも価格が高いのがネックです。ホホバオイルも結構人気があるアカデミアナッツオイルやオリーブオイルより高めですが、他のオイルと違ってひとの皮脂で多く構成されているロウワックスなので、肌なじみが良いのが好きな理由でもあります。贅沢に配合されている場合はうるおってとかシャンプーに多く配合されているので頭皮が乾燥しやすい人にも良いし、トリートメント不要なのも冬場とか特にお風呂場が寒い人なんかにも良いのではないでしょうか。シャンプーでもトリートメントでも最近ホホバオイルとかアカデミアナッツオイルなどが配合されている事も多くなってきたので痛んだ髪に良い弱酸性シャンプーを使用して行くと良さそうです。シャンプーにも入っていますが、業務用とか購入する方が結果的に安くなるのでおすすめです。

投稿記事の一覧 関連記事

サイトマップ関連記事

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 |