今年の甲子園
まだ途中でもある甲子園ですが、今年の甲子園はいつになくあまりテレビでみていないというのが私の感想です。

特につまんないとか楽しいとかというのではなく、ただ見ていなくて結果だけ知っているという感じです。

基本的に出身校が甲子園に出ている場合には一番応援したくなりますが、なかなか強豪であるというのは難しいと思いますので、同じ県や地域で応援していますね。

関東なので関東のチームが甲子園で優勝してくれるとありがたいですが、関東のチームも残っているので、ちょっと応援のしがいがあります。

伝統のある今年の甲子園の感想について


さて甲子園では優勝候補やドラフトも注目するピッチャーを擁するチームがすでに敗退してしまったという今年の甲子園は、レベルが総じて高いのか?どれともドラフトの注目する選手は大谷やダルビッシュのような選手ではないのか?など色々思う事はあります。

ピッチャーだけがドラフトの目玉ではなく注目されやすいポジションですが、地味に2番候補のセカンドとか意外に大事なので、二遊間の守備が強いチームは強いチームでもあります。

1塁手はカレーと牛丼が好き?

また1塁の選手がカレー好きであるとチームも強い傾向があるようです。

そんなこんなで今年の甲子園を締めくくりたいと思います。

甲子園に出た選手はやはり汗をかくのでニキビが出来やすい年齢でもあるから甲子園の水道水でニキビのスキンケアしていくと良いでしょう。

オジャルーも元々野球児で牛丼好きだったためか1塁手でした。

ファーストミットを使わず、牛丼と箸を持って一塁を守っていたこともありましたね。

今年の甲子園の感想について考えてみる 関連記事

オルニチンマンは、純度100%に近いオルニチンのサプリを活用
色々な写真を使用している私オルニチンマンですが、基本は純度100%に近いオルニチンのサプリを活用しています。サプリといってもサプリの場合には無駄な成分が入り込むので、オルニチンを摂取する時は粉末のを利用しています。粉末のを使用するとやはり価格は高めになりやすいですが、その分使用できるのも目分量というよりもサプリで摂取できる量よりもオルニチンははるかに摂取量が取れるのでおすすめです。筋トレとかサプリなどに慣れている人の方がうまく粉末は使いこなせるという面はあるかもしれません。しかし摂取量がかなり多めになってしまう事もあるかもしれないですね。だんだんプロテインの量が多くなるのににていてオルニチンの粉末もどんどん多くなるかもしれません。代謝に関係するものだかし、補助的活用という面で味もほとんどなく塩みたいにしょっぱさが少しある程度だからプロテインとの相性も良いですよね。さすがにシジミエキスだった場合にはプロテインとの相性はかなり悪そうですけどね・・。
しじみでコッテリした肝臓をいたわる象!
象さんはみんな肝臓をいたわっているかというとそうではないのかもしれません。臓器のぞうが同じなだけで、特に肝臓とか膵臓とか脾臓とかと関係がないのかもしれません。象が泥酔したり宿酔してしまったりするのは想像できませんが、しじみを食べるというのは草食なので妄想の世界なのかもしれません。さて私の肝臓はというとピカピカの一年生というには程遠いほど中性脂肪がたっぷりこびりついた状態になっています。中性脂肪がこびりついた状態というのはやはりLDLコレステロールが血管内で大渋滞を起こしているので、まさに心臓に向かって帰省ラッシュをしている最中なのでしょう。たまに事故になる場合もあるのかもしれません。オルニチン戦隊を経験してからか、結構ソフトカプセルの製品が大渋滞を起こしていますが、こちらの場合には量が多いという事なので少しお得感がありますね。いたわりすぎると今度は精神的にダウンしてしまうので、ほどほど栄養のバランスを整えるというのが大事なのかもしれません。肝臓が重苦しいとやはり体全体のキレが悪くなりやすいので、しっかり肝臓を休めて体のキレを取り戻したいと思います。宿酔した肝臓をいたわる場合には、宿酔するほどのお酒を止めて肝臓を休めるのが一番みたいですが、しじみを食べたりするのも肝臓に良い食品といわれているだけに積極的にしじみを食べていくのが良さそうですね。
しじみの栄養について
しじみの場合にはオルニチンが豊富に含まれていることで有名です。しじみはお味噌汁やお吸い物として良い出汁が取れますが、身の部分にオルニチンが豊富といわれています。食べる機会はないですが、サプリメントなどでしじみの殻の部分を使用している場合などがあります。小魚が好きな方は、無料サンプルや初回限定がある製品を試してみたり、するのも良いかもしれません。一般的な栄養という面では特に身の部分の栄養を指していることが多いと思います。そのためお味噌汁やお吸い物としてしじみを食べる場合には身を食べる食べないでは大きく摂取できる栄養は変わってくるでしょう。だし汁という面でお味噌汁だけでもしじみの栄養は出てきますが、やはり身をしっかり食べるほうが良い気がします。砂利とか気になる場合にはしじみの身を食べないという事もあると思うので、味よりも砂利の食感という事でしじみの身を食べない場合もあるかもしれません。しじみをサプリなどで活用する場合には、味が苦手な場合に活用したいと考えることもあるかもしれません。しかし結構しじみサプリの場合にはシジミの味がしたり、また豚の肝臓エキスなどが配合されているとかなりエグミの効いたサプリの味がするので、オルニチンが目的の場合には、オルニチンのみのサプリにしておくとしじみ由来のオルニチンではないので魚介類の生臭さがないので利用しやすいです。逆にコウナゴのような小魚の煮つけのような味が好きな場合にはシジミサプリは良いかもしれません。
くちゃシャンプーとかどのような製品なの?
結構種類も多いのがくちゃシャンプーです。くちゃというと泥の成分で洗浄作用もあるし、泥パックとしても活用しやすいですので、洗顔料など顔やまたシャンプーなど頭皮や髪を洗う製品に配合されていることが結構あります。個人的にクチャの場合には液体よりも石鹸みたいに固形との相性が活かされるかなと思います。シャンプーってかなり水分が多いので、洗浄作用の特徴が和らいでしまうということもあり、くちゃの特徴を存分に堪能したい場合にはシャンプーよりも固形石鹸であったり洗顔料であったりする方が良いかもというより個人的にそっちの方が好きかなと思うんです。先顔料でよく使われているのが特徴のクチャですが、泥成分でもあるので、洗浄成分として活用できるような製品では使われることもあるようです。特徴としては粒子が細かく赤血球なみの細かさなので、毛穴の中に入り込むのも容易で、毛穴が綺麗になりやすいです。ま~そういった場合にはシャンプーを使用せずに洗顔料で髪を洗ったり髪洗い粉を使用したりすればよいのですが、石鹸系なので石鹸シャンプーみたいに髪がきしむので、石鹸系シャンプーが大丈夫な人が使用するとよさそうです。くちゃと良くセットで使われているのが、同じ沖縄県でよく取れる月桃です。殺菌作用などもあり、頭皮でいうとシャンプーではフケなどに効果的です。
子どもが生まれてから無添加シャンプーを使うようになった
以前は市販されている普通のシャンプーを使っていたのですが、子どもが生まれ、子どもに使う為のシャンプーとして無添加シャンプーを使うようになってからは、自分自身も無添加シャンプーで洗うようになりました。1度使用しただけでも違いがハッキリ分かりました。というのも普段からシャンプーに関してはあまり気にせずに使うだけだったのが関係しているのかもしれません。無添加シャンプーと言えば、匂いがなくて物足りないというものも多く、しっかり洗えているんだろいうかという疑問もありましたが、シャンプーは髪を洗うものでもありますが、ただ洗うというだけではなく、髪や頭皮に使うものとして安全なものだという事こそがまずは髪の健康へと繋がるものだと思います。小さいな子供は特にですが、頭皮もやわらかく繊細である上に髪の細く切れやすい為に、できるだけ子どもの頭皮と髪の健康の事を考え、無添加シャンプーにしました。子どもの髪を毎日洗っているうちに、余計なものが入っていない無添加シャンプーで洗った子どもの髪がツヤやかになっていくのがわかりました。
疲れ目解消にはホットタオルを上手く活用するのが効果的
疲れ目解消には、ホットタオルが有効です。ホットタオルを目を閉じた顔の上に乗せるだけで、目の疲れが取れます。ホットタオルを乗せる時間は三分くらいで充分でしょう。ホットタオルの作り方は、水に濡らしたタオルを電子レンジで温めるだけ。タオルが熱すぎると、かえって充血が酷くなるので、じんわり温かいと感じる程度まで冷やすことがポイントです。電子レンジが使えない場合は、市販の温まるアイマスクを使用すると良いでしょう。私の家の場合には、電子レンジを使うとブレーカーが突然落ちたりするので、いきなり真っ暗になるので、びっくりします。電子レンジにタオルが入っているのを忘れている時もあるので、電子レンジからタオルが出てきてすごく熱いのでびっくりしたことがあります。使い捨てタイプなので、外出先の空き時間に使えて、移動時間や休憩中にも便利ですよ。もっと簡単に出来る疲れ目解消法もあります。目を閉じることです。やっとみると、意外なほど疲れが取れることが実感できます。ほんの五分間、イスに座ったままでも効果を得られます。目を閉じることで乾燥を防ぎ、眼精疲労を取ることができるんですよ。
腸の調子が超いいので、超快適です?
ここ最近腸の調子を良くしようとあまり無理しない程度で善玉菌いよいと言われている自分お好きな食品を中心としていろいろ食べていました。ヨーグルトやチーズはあまり食べなかったんですが、最近は食後などに食べるようにしています。そうするとサプリよりも腸の調子がいい感じがします。理由としては分かりませんが、サプリって商品化するまでに加工が多いので、成分とかも少し壊れてしまうというのがあるのかもしれません。例えば加熱したら成分がほとんど壊れてしまう成分があったとします。実際にはコエンザイムQ10がそうなのですが、ドリンクなど商品化した時点で加熱処理しないと販売が出来ないので、色々成分が良いのが入っていたり、成分表では詳しく書かれていても実際には成分が働かないというのがあるのかもしれませんね。昔からお味噌汁が好きでよく飲んでいましたが、具材は、油揚げ、豆腐、玉ねぎをいれてよく食べます。納豆も朝ごはん欠かさず取るようにしているので大豆由来の食品を多くとっているからか、便秘の他にも肌の調子もよくなってきた感じがします。私もこれからは無理のない範囲で行っていきたいな?というふうに感じています。納豆とか動物性の脂肪やタンパク質が苦手な人は、善玉菌を増やすサプリなど食品が苦手なのが多い場合は使用していくと良いと思います。

保湿重視ならセラミド化粧水を使おう

保湿重視ならセラミド化粧水を使おう
保湿重視ならセラミド化粧水を使おうのページです。