思春期ニキビ
思春期ニキビとは、本来のニキビのことを指します。

思春期 思春期は、過剰な皮脂が生成される時期ですから、油肌症になっている時期でもあります。

思春期の頃に出来るニキビは自然現象なの?

ニキビ解消
この時期のニキビは、いわば自然現象とも言えるものであり、それほど心配する必要はありません。

しかし、放置しておくよりも、何らかのケアを行ったほうがいいです。

ニキビの怖いところは、跡が残ってしまうことなのです。

赤くなったニキビは膿をもちやすいので大変?

ニキビ
赤い状態から膿を持つようになると面倒です。

そのまま放置しておくと、ニキビが黒くなっていきます。

さらに症状が悪化すると、跡が残ってしまうのです。

跡に残ったニキビはスキンケアが大変?

跡ができたら、自主的なスキンケアで治すのは極めて難しいです。

軽い跡ならば、目立たないようにできますが、重要ならば根本治療が必要となります。

皮膚科治療を受けて、ニキビ表面を溶かす処置を行います。

思春期の頃に出来るニキビは普段食べている食事内容も大事?

思春期ニキビを予防するためには、食べ物にも気を配りたいものです。

脂質の多い食べ物を摂りすぎないようにしましょう。

また、野菜も毎日食べることが大切です。

思春期でも大人ニキビでもどくだみが良いそうなのでどくだみが入ったコスメを使用してみると良いでしょう。

思春期ニキビを解消するために理解したいことは? 関連記事

PCオーディオから音が出なくなった
PCオーディオについてですが、この間新しく購入したパソコンにオプションでオーディオを1万円ほどのを付けたのですが、見事接続不良で徐々に接続状態が悪くなっていってしまい最終的には色々行ってもオーディオが鳴らなくなってしまいました。パソコンもオールインワン型ではなく、タワーなど分離してあるタイプを購入したので、音はもともと出ないタイプなので完全に音が遮断された状態になってしまっていました。そうすると娯楽も楽しめないという点に加えて仕事にも差し支えるので、1000円ぐらいの安いオーディオを購入したところ、ん~音は出るのですが、youtubeとか音楽が小さくなってしまってしかたなく購入したCDも聞けますが、ダウンロードした楽曲を聞いています。youtubeが聞けると色々最新の曲とか聞けるのでいつもyoutubeで聞いていたので、少し残念です。ま~スキンケアの化粧水とか美容好きの人でも1本丸々使い切ってから使う人もいれば、途中であれこれ購入してしまう人もいるかもしれません。
睡眠を10時間した際に思った事
昨日は非常に疲れたので睡眠を非常に多くとったのですが、寝すぎると朝スッキリするというよりもやはり寝疲れみたいにボーっとしやすいという事があります。やっぱり適度な睡眠時間というのが大事だと思いますが、10時間寝てもスッキリする事もあればグズグズになってしまうこともあります。8時間程度の睡眠時間だとやっぱり調子が出ることもあるし、そうでない時もありますよね。逆に睡眠時間が3時間ぐらいだと目がさえているけど、本来は疲れているという面もあるので、長い間3時間とか短い睡眠で維持できるという本は色々あるけど、やっぱりある程度睡眠時間は確保したいです。3時間程度だと昼寝したくなりますが、昼寝してもあまりスッキリしないことが多いかな?と思ったりします。普段から7時間ぐらいの睡眠の中で1時間ぐらい昼寝をすると気持ちが良い感じです。ただ夜あまり眠くならない場合もあることから、少しその日は普段よりも動いて体力を使うようにしたいですね。
アミノ酸系のシャンプーも種類が豊富で選ぶのが大変
以前の2010年よりも少し前からアミノ酸系のノンシリコンシャンプーが比較的人気が高まってきた感はありますが、やはりここ最近では頭打ちというか出回ってきた感はあるのかもしれません。新商品が出れば人気が出る場合でも男性の場合にはスカルプシャンプーでもほぼスカルプDが一人抜けしているような感がありますよね。昔に比べると圧倒的にアミノ酸系シャンプーというのはノンシリコンシャンプーと同じように認知度が高くなってきました。昔の私のようにドラックストアに行って店頭に並んでいるシャンプーをただ選んで買うという男性の場合には特にアミノ酸系シャンプーという名称を知らない場合もあるのかもしれません。アミノ酸系というと色々ありますが、ほぼ全部に近いシャンプーがアミノ酸系シャンプーと言えてしまう現状があるのかもしれません。女性向けというよりも美容室などヘアケア向けのシャンプーではボタニカルシャンプーなど海外から運ばれてきた(輸入)されてきたシャンプーとか大幅に人気が出るように、特徴というのが無添加で海外製品というのが前と変わらず人気が出やすい傾向にあるようです。
社会に浸透したノンシリコンシャンプーとか
ノンシリコンシャンプーが世の中に浸透してきたのはもうすでに5年以上は経過しているのではないでしょうか?今ではノンシリコンシャンプーはドラックストアにも置いてあるし、大手のメーカーからも販売されてきています。やはり大手の場合にはシャンプーの価格帯がシリコンが入っているタイプと入っていないタイプだと価格も違う面があり、やはり中小とかの企業のシャンプーメーカーさんの方がノンシリコンとか多くなってきていますよね。ノンシリコンという名称でもあるのですが、シリコンが入っていないシャンプーですよね。コーティングというとシリコン以外にもあるので、カルボマーなどシリコンと比べてもそん色がないコーティング剤がノンシリコンで入っていたりする場合もあります。ノンシリコンシャンプーが欲しい人の中でコーティングするのがあまり好きではない方という場合には、他のコーティング剤が入っていないかチェックする必要もあるのかもしれませんね。昔に比べると少なくなりましたが、シリコン自体は頭皮の毛穴をふさぐというのはないらしく特に頭皮に影響が少ないという面もあり、ノンシリコンで選ぶ場合にはやはり使用感とかアミノ酸系洗浄成分を使用している質感だったりする場合もあるので、色々使用してみると良いかもしれないですね。
アミノ酸系シャンプーってそもそも何?
高級アルコール系と分かれていたりしますが、シャンプーの洗浄成分に違いがあるのはよく言われています。ただ1つのシャンプーに洗浄成分というのは1つではなく、配合されている量に違いがありますが、3種類4種類は使われていて洗浄補助剤なども色々組み合わされています。アミノ酸系シャンプーの場合には実際売られているおよそ3分の1くらいはメインの洗浄成分はオレフィン酸とかの場合もあるかもしれません。しかしアミノ酸系の洗浄成分を少量配合されているので、アミノ酸系という名称で主に広告で見かけることもあります。ドラックストアで販売されているネットでも高級アルコール系と呼ばれてしまうシャンプーもアミノ酸系洗浄成分が含まれています。価格が安いタイプの高級アルコール系シャンプーでも、メインは高級アルコール系で多いラウレス硫酸Naが配合されていますが、アミノ酸系もココイルグルタミン酸などが配合されていることが多いです。かといってアミノ酸系が多く含まれているかというとそうではなく、アミノ酸系洗浄剤をメインにしたシャンプーに比べると非常に少ないと言えるかもしれません。

日々の出来事とニキビについて

日々の出来事とニキビについて
日々の出来事とニキビについてのページです。