しじみの味噌汁を飲む機会が減ってきています。

ふとしじみの味噌汁を飲みたくなったので、飲もうかと思いましたが、急に違う味噌汁に変更してしまいました。

といっても同じようにシンプルなわかめとネギと豆腐の味噌汁です。

ここ最近はふとしじみの味噌汁を飲もうと思うと違うのを飲みたくなるというよりも貝類の味噌汁を含めたお吸い物関連もそうですが、飲みたくなるけど作るのも面倒だし途中で断念することも多いです。

しじみの味噌汁を飲む機会が減ってきています。

しじみの味噌汁を飲む機会が減ってきています。

あくまで個人的な感覚ですが、お味噌汁が出来上がるまでの過程は結構貝類などを使用する場合、肉類などもそうですが、工程が多いので手間がかかる場合もあります。

野菜など海藻類も鮮度が大事ですが、切って洗ってと比較的簡単です。しじみの場合には味噌汁の場合には砂抜きを行う必要があります。

包丁とかで調理するというのがないのですが、結構億劫に私はなってしまいます。後は煮るだけなんですけどね。(笑)

そんなこんなでしじみの味噌汁は飲もうと思うけどなかなか作るに至らないという事を実感しています。

共働きの場合には味噌汁を作る事自体が面倒なことも?

共働きの場合には味噌汁を作る事自体が面倒なことも?

実際共働きとかではしじみの味噌汁というのはもむ機会も少なくなるのかな?と思う事も体験で思う事もしばしばです。

実際通常の味噌汁よりも作るのが楽に思う場合にはかなりの回数でしじみの味噌汁を飲むことも多いのかな?と思います。

ただ健康に良いといわれているしじみをよく取る場合でも絶対健康というわけではないので、色々工夫したいところです。

定期的にしじみの味噌汁を飲もうと思う 関連記事

スキャルプオイルで頭皮ケアするのはどうでしょうか?
最近ではスカルプケアが人気なんだそうで、ヘアケアよりも頭皮をケアすると髪のハリ・コシアップに良いそうなんです。たとえば頭皮の環境が悪いと良い毛髪が生えないと言う感じなのかもしれません。やっぱり効果的な頭皮ケアには皮脂なじみが良いオイルなどが良いのですが、オイルでのケアよりもシャンプーでいかに皮脂を取り過ぎないのかと言うのが大事なんだそうです。私はうねり毛なので頭皮をケアする意味はあるのかやはりやってみないと分からないのです。ただオイルでスカルプケアって良さそうだし、スキャルプケアに馬油を使用しているシャンプーを見つけた。しかもシャンプーを購入するとスキャルプオイルが付いてくるらしいので一石二鳥。
化粧水を選ぶ時にニキビが出来ている場合は注意が必要?
スキンケアを行う基礎化粧品というと化粧水やクリーム、乳液、美容液、洗顔料などありますが、その中でも化粧水は洗顔後に行う保湿の第一歩として人気です。その中でニキビケアを行う際に日ごろ使用する化粧水を気にすることは多いと思います。洗顔後にピリッと痛みなどが出る場合にはやはり化粧水から考え直したい点ですよね。すぐピリッとして収まるなら良いけれど、ヒリヒリ感みたいになった場合には、化粧水の後もヒリヒリするのが続くし、肌に何かつけるだけでヒリヒリするので、かなり大変ですよね。スキンケアを行ってニキビが解消できればそれはうれしい事です。毛穴に炎症が起きている状態と考えれば自然に回復する要素も多いニキビなだけにスキンケアだけで改善しようと考えることも多いかもしれません。
ニキビ跡が気になる場合にどんな化粧水が良い?
ニキビ跡を治すというとスキンケアだけではどうしようもないと思う事もしばしばあります。理由としてはスキンケアの本や雑誌などをよく見ますが、どれもスキンケアだけではどうしようもないと書かれているからです。理由としては美容外科で色々今では整形まであるにもかかわらず完全にニキビ跡を綺麗にするというのがまだまだ不可能だからというのがあるので、個人的にスキンケアでニキビ跡を綺麗にするというのは無理という先入観があります。しかしそれでもスキンケアをしていくのは無駄?というとそうでもなく顔中全部がニキビ跡という場合もあるかもしれませんが、ニキビ跡になっていない部分にはスキンケアには有効だからです。またニキビ跡の部分もなるべく個人的にスキンケアはしたいところではありますが、より治りにくくなってしまうと嫌なので、あくまで個人的な話ですが、ニキビ跡に良い化粧水というのは使用したくなく、通常あまり肌に負担をかけないような化粧水を使用したいと思っているからです。
アルカリ性と弱酸性の製品の主な違いはある?
化粧水というのは多くのメーカーさんが販売されています。特に日本では化粧水というのが非常に人気で、海外になるとクリーム状の製品が人気だそうです。さてそんな化粧水ですが、アルカリ性化粧水というのがあります。アルカリ性化粧水は名前の通りにアルカリ性になります。といっても中性から弱アルカリ性にかけての製品が多いと思います。PHが違うというのが各製品によって異なる部分ですが、弱酸性とアルカリ性での大きな違いというのは化粧水などコスメの部分でいうと防腐剤自体の必要性が低下してくる事です。アルカリ性になればなるほど生物がすみにくい環境になっていきます。そのためアルカリ性などで代表されている石鹸などでもそうですが、アルカリ性であることも多いです。石鹸で多いアルカリ性ですが、化粧水でアルカリ性を使用するという面では水分量が多いので、雑菌が繁殖しやすいという面が関係しているかもしれません。
美白成分を配合した化粧水で水溶性や脂溶性について
化粧水は水が含める割合は非常に多いものです。また水は油とは分離してしまうため、水溶性である化粧水と脂溶性の乳液とは含まれている成分や相性が良い成分が異なる場合もあるようです。そのため化粧水に含まれている成分は水溶性と相性が良い成分が含まれています。その中で美白のための化粧水というとシミ、そばかすなどの予防や改善などを考えている方向けという事になります。シミなどを考えた場合にはハイドロキノンやアルブチンなどが配合されている化粧品を検討することも多くなるかもしれません。ハイドロキノンは医薬品としてクリームなどで処方されることもありますが、化粧品の場合には配合量の上限が決められています。また水溶性や脂溶性と言ったように化粧水の場合には水溶性との相性が良いアルブチンが配合されていることも多く、逆にハイドロキノンの場合には化粧水に含まれていることは少なくクリームなどがベースとなった製品に含まれていることがあります。
植物性化粧水で使用されている成分は?
植物性化粧水というのがありますが、その名の通りに植物から化粧水に使用できる成分を配合した化粧水です。名称がその名の通りなので、難しいのですが、化粧水は水でほとんどできているため植物エキスが多く入っているか少なく入っているかで呼び名は変わらない場合もあるというのがあるためです。植物性エキスでもへちまなど和風感漂うコスメにも多いですし、無添加化粧水などを初めとした肌の弱い方でも使用しやすい製品を扱っているショップさんとかの化粧水でよく見かけます。非常にシンプルな構成で肌に負担が少なそうなのが見て取れますが、植物というとものすごい数に上ります。植物でも毒性を持つものもあるので使用できる限度というものもありますが、例えばバラプラセンタもバラの胎盤を使用していますが、植物なので植物性エキスとも呼べるのかもしれません。へちま以外に有名なのは私もよく海水浴で日焼けした時にお世話になったアロエです。アロエも化粧水で配合されていることをしばしば見かけますが、以外にもアロエはアーユルヴェーダのハーブとしても知られています。
収斂作用のある化粧水の特徴について考えてみた
収斂化粧水というと夏場テカリやすい方など脂性の方が使用すると良い化粧水ですよね。収れん作用が毛穴の中から分泌する皮脂の量を調節するのに最適といわれています。当ブログでもアルカリ性化粧水とかの特徴とか取り上げています。主に収斂化粧水の場合には、酸性であることの方が多いです。皮脂の分泌が多い脂性肌の方で毛穴の開きや毛穴の黒ずみなどが気になる方に効果的です。まずは主に収れん作用として配合されている成分にクエン酸があがります。クエン酸は主に石鹸シャンプーなどのリンスなどにも使われますが、血管が拡張しやすい場合になど夏場にはあると思いますが、主に収縮などを促して血管を縮める作用があるようです。主にタンパク質を変化させるという面で変性作用があるという風に言われています。収れん作用のあるクエン酸以外にもお顔に使用する場合には、乳酸などがあります。また一般的に消臭作用があり、体臭など加齢臭に対して石鹸でも配合されていることもあるミョウバンなども収れん作用があるといわれています。

気になる抜け毛を育毛剤シャンプーで嗜めblog

気になる抜け毛を育毛剤シャンプーで嗜めblog
気になる抜け毛を育毛剤シャンプーで嗜めblogについてのページです。