スキンケアの事をかこうとしましたが、どうやら台風が関東地方に近づいているようです。 そこで台風の事をかこうと思います。 そういえば台風というと海外では特にアメリカなどサイクロンとも呼ばれています。 サイクロンと台風ではサイクロンなどアメリカなどカリブ海にあるほうが被害も多くみられ日本に来る台風よりも強い印象を受けることもあります。 TV放送などを通じてみると日本にくる台風よりも強い印象がありますが、世界で一番中心気圧が低かった台風というのは台風には色々伊勢湾台風やリタなど色々付きます。

しかし世界で一番中心気圧が低かった台風というのは名前がなく 1979年の台風20号 ( TIP )というのが870hpと世界で一番中心気圧が低く勢力が衰えている段階で日本に上陸したというのが過去にあります。 この台風20号は室戸台風や第二室戸台風と同じような位置で発生し同じようなコースをたどって上陸していくというのもあり、大きな台風が上陸しやすい経路でもあるのかもしれません。

室戸台風の場合には、ほぼ東日本大震災のようにスケールアウトが多くみられるので、記録が残っていないような状況でもあるようですが、日本の台風の災害で一番気象庁が誕生してから大きな災害だったのは伊仙湾台風なんだそうです。上陸する際に紀伊半島沖で上陸してくる台風は、大きさに関わらず奈良県など災害が多く出てしまうコースなんだそうですが、伊勢湾台風の主な大きさは直径2000キロメートルと日本がすっぽり埋まってしまうほどの超大型台風だったそうですが、日本に一番災害が出るパターンは室戸台風が伊勢湾台風のコースで上陸していくというのが一番被害が出るパターンだそうです。

室戸台風の方が1500キロほどと超大型ではあるのですが、上陸した際が910hp満たないぐらいの大きさで上陸してくるため非常に暴風がすさまじく、被害も多くなりやすいそうなんです。 戦時中など昭和の初期に起きた大きな台風では木造も多かったので、巨大な暴風が吹きあれると一瞬で粉々になってしまうそうなんです。

安政という江戸時代でも幕末の戦乱の時代では安政の大獄など明治維新に繋がるような歴史的な出来事がありましたが、安政の3大地震に加えて大型の台風が関東に上陸し、死者10万人ほどと大災害が出たのに加えて大飢饉が勃発し、色々財政難もあり、明治維新が起きなくても徳川幕府が滅びていたであろうという見解も今ではあります。 話は戻しますが、台風が上陸してくるのは関東地方では確実ですが、伊勢湾台風というのは私を含めてきっと話だけやテレビで聞いただけの人も多いかもしれません。

私も生まれていなかったので、情報で確認する程度ですが、実家の父親の家では当時愛知県に住んでいたため伊勢湾台風がほぼ直撃状態だったそうです。 その時はごはん中だったそうですが、ごはん中にいきなり雨が家の中に振り出したそうで、上を見上げてみると屋根がなかったそうです。

水害による被害というのが大きかった伊勢湾台風ですが、屋根が飛んで行ってしまったという事はかなり台風の暴風がすごかったのではないかと推測されます。台風の事を書いていたらグミが食べたくなってきました。

台風の事を猛烈に書いていたらおやつが食べたくなったので、この間コンビニで買ってきたマスカットのグミでも食べようと思います。

過去の強い台風など 関連記事

ファンデーションとは何?
ネット検索が出てきてからは非常に便利に立っています。人に言えないような恥ずかしい悩みなども調べることができます。そのほかにも色々人には今更聞けないようなことも調べられたりしますよね。例えばファンデーションとは?とかなかなか人には聞けないでしょう。突然知り合いがファンデーションって何?って聞いたら辞書みたいにドヤ顔で説明する人はいないかな?と思います。今更なかなか聞けないファンデーションとは?という事ですが、 肌の表面を整えるというのが一番適切なんじゃないかな?と思います。おでこだけファンデーションを塗エうという事はないですが、 メイクのベースとなる部分だからベースメイクとも呼ばれているのかもしれません。スキンケアでも肌を保つという面ではないから基礎化粧品とは口紅と同じように呼ばないのかもしれませんが、 年齢を重ねるごとにやはりファンデーションが濃くなってしまうのはあるかもしれないですね。ファンデーションは顔全体を均一に下地として活用するそうですが、 クマや目じりのシワなど部分部分などポイントとなる箇所を隠していくのはコンシーラーです。コンシーラーで隠すというのはよく聞くかもしれませんが、シミ自体が顔全体を覆っているというのもないですし、 シミといっても濃さが違う場合が多いですよね。そんな時はファンデーションでベースを作ってコンシーラーを使うというのが良いのかもしれません。ファンデーションの話に戻りますが、ファンデーションは今では色々な種類があります。
台風が来るらしい
以前ちょうど1か月前に台風が来たばかりですが、 今回の台風16号も日本に上陸しそうです。といっても太平洋で出来る台風のほとんどは北半球の場合には北上したり発生した場所からフィリピンの方に行ったりするかなので、 かなりの確率で台風が上陸していきますよね。日本の中でも沖縄の場合には台風の上陸というのが日本の本州に比べると非常に多いのは中国の方に上陸していく台風なども通過していくため、 中国に上陸した台風は水蒸気などもないため台風は消失するらしいので、 その後日本に上陸することはないそうですが、 日本に上陸する台風は逆に沖縄に被害が出ない場合も結構あったりします。台風が来るとどちらにせよ外に出ると濡れることはたしか・・です。台風は季節的に9月の下旬くらいに上陸する台風はやはり偏西風に乗って台風の速度が急激に増しやすいから台風の速度が速い際に暴風域に入ると突発的な突風に見舞われることも多いそうです。台風シーズンと呼ばれているちょうど季節ですが、 8月など偏西風がない時は逆に雨など水害が頻繁に起きやすいなど少し特徴にも違いがあるようです。どちらにしても庭がある場合には、色々なものが壊れたりするので、 台風が通過した後はいつも汚れなどもあり掃除しないといけないのが家にはあります。やっぱり台風が来るというのは雪が降るというのと違って子供心をくすぐることは一切ないな~と感じる今日この頃です。雨が降らない代わりにグミが大量に降ってくれば経済的に私にとっては良いのだけどと感じる今日この頃です。
セントライト記念の競馬を見た
近くのコンビニでもちろんグミを買いだめしておきましたが、 久々にゆっくりしようと思い、自宅で競馬を見ていました。セントライト記念は関東馬が良く出たりしますが、 ここ最近は競馬をやっていないため結構疎いし、最近の競馬事情が少し薄れている面があります。今の競馬のように牝馬が限られたレースしかない時にはセントライト記念でメジロドーベルが出て優勝していたりすることを覚えています。今回のセントライト記念では非常に順当なディーマジェスティーが買って菊花賞に弾みをつけましたが、 距離的にはサトノダイヤモンドの方が長距離はこなせる面があると思うので、 本番はどうなのかな?とは思います。菊花賞の場合にはよほど短距離場ではない限り適性が2000mであっても道中死んだふりをしていれば直線だけの競馬でも勝てたケースは過去にあり、 その時は馬券を買って中距離適性の馬を速攻消した挙句1着になってしまった過去もあるため、 距離不安があってもなかなか消せないというのが菊花賞にはあるので、注意したいですね。一方牝馬限定のローズステークスも今日はやっていましたが、 いつもしのぎを削っていたジュエラーとシンハライトは今回は対照的な結果になってしまった感がありますね。骨折明けという面を差し引いてもトライアルで結果が出てない場合には、 本番では来ないケースの方がやはり圧倒的でもあるので、 ややジュエラーは厳しいのかな?とは思います。ま~グミを食べながらの観戦でしたから興奮もせずマッタリしながら見れたので、ま~どうなのでしょうか。(笑)
ニキビ跡についてスキンケアの難しさを痛感中
ニキビの垂れが終わった後はやはり完全にニキビが綺麗になるケースとニキビの跡が残ってしまうケースがあります。ニキビ跡とひとくくりにしてしまう場合もありますが、 同じ人でもそうですが、出来る場所出来た際には毎回異なるニキビ跡に繋がる事もあるようです。ニキビが中々できない人からしてみればニキビの跡って凸凹した場合を想像するかもしれませんが、 ニキビの跡で凸凹したクレーターの様な感じで後に残る場合と赤みが残ってしまう場合もあります。ニキビの影響で赤くはなるけど赤ら顔とはまた違うというのはどなたでもわかることかもしれません。赤ら顔みたいな感じとはやはり違いがあり、赤ら顔や恥ずかしい時に顔を真っ赤にする時ってある程度全体として肌色合いが馴染んでいることもあるので、目立ちますが、ニキビの跡の場合には、極端にニキビの部分に赤みが残る場合もあり、より目立つ傾向があるようです。ニキビの跡が気になる場合のスキンケアはコラーゲンの生成がうまくいかないという事もあり、コラーゲン生成を促すような役割のあるビタミンC系のスキンケア製品が良くニキビ跡に良いといわれていますが、やはりスキンケア製品の中では効果があるほうという程度という面も否定できないかもしれません。やはり美容外科という点でもニキビ跡というのは完全に消えるまで行えることまでは至っていないという現状を考えるとビタミンCの効果はどれくらい?と想像に任せるようにして、肌全体肌自体を作るのはやはり栄養面ですし、栄養を取らないとそもそも肌とかホルモンとかの話がニキビケアでは多くなりますが、生命が維持できないので、栄養面はバランスよく取って適度な運動を心がけると良いかもしれません。
脱毛症について注意深く色々考えてみることにしました。
分娩後脱毛症と呼ばれる脱毛症があります。抜け毛やハゲ、発毛という用語の中で産後の抜け毛とも呼ばれていますが、抜け毛とか薄毛というと男性の悩みという面が強い場合があると思います。しかし分娩後脱毛症というのは男性は一切ならないというのがおおきなとくちょうかもしれません。仮に男性が出産できるようになればなるのかもしれませんが、現状そうではないため女性限定の抜け毛になってしまいます。妊娠と出産というのは女性限定であるため出産を終えてから授乳期が過ぎるぐらいには抜け毛が止まってしまうことが多い脱毛症です。脱毛症というとなかなか治らないイメージがやっぱりあります。脱毛症というと何かしないと治らないという事も考えられなくはない場合もありますが、基本的には出産から授乳期に抱えて通常の生理周期の中でもホルモンの状態が少し異なるため起こるものだと考えてもらえば分かり易いのかもしれません。そのため特異的な条件ではある出産と授乳期の間に起こるため普段の状態に戻ると自然に脱毛しなくなると考えられています。かといって私の母はすごく薄毛です。産後とは関係なしに薄毛なので、産後が終えてもホルモンのバランスは生理学みたいな感じでいえば安定するのかもしれません。ただ生活というのは人それぞれ違うし、同じことをしてもストレスの度合いというのは違いがあります。薄毛に繋がらないような生活をしていくのが一番ですね。私の場合に置き換えてみるとグミを食べないとすごいストレスにさらされてしまうので、ホルモンの変化量自体は表に出てこないからわかりませんが、ホルモンバランスが大幅に崩れてしまう事でしょう。
最近ではメロンパンをよく食べます。
ここ最近特別にすごく好きというわけではないけれどメロンパンを食べることが比較的多いです。パン屋さんで出来たメロンパンをよく食べますが、至って白い色にやや黄色みが買ったタイプのメロンパンをたらふく食べます。ま~普通のメロンパンですね。パン屋さんでもメロンの味がしっかりついているやや酸味がかった甘みの強いタイプのメロンパンって結構緑色したタイプが多いです。夕張メロンとか富良野メロンとか果汁を使用している場合にはオレンジ色をしたタイプのメロンパンが多いかもしれません。トーストにチーズをのせているような感じで、メロンパンの上に緑色した果汁が入っているであろうタイプのメロンパンは200円ぐらいはしそうなのでなかなか購入することはないけれど、久々に食べたいと感じます。ステーキとか食べるときには200円ぐらいはけちらないにしてもなぜかパンとかは100円と200円とでは大幅に違うと感じるのは私だけでしょうか?家を買う時にも車を買う時にも差額100円とは大きく感じないだけに2倍増しという感覚だけの迫力に押されてしまうのかもしれません。そんなジレンマに負けないようにメロンパンを明日辺りに食べようかな?と思います。今では非常に便利でどこかのパン屋さんが美味しいかという情報を人に聞いたり、自分で調べたりする前に楽天でキーワードを打ち込めばすぐに検索できるので便利です。その前にお金がかかりすぎて大変なことになりそうですが。。グミではメロン味は好きではなく、グレープかマスカット味が好きです。メロンパンの事を書いているとグレープの酸っぱいグミが食べたくなったので、この記事をかいたらグミを食べようと思います。
ストレスはオイリー肌や女性ホルモンなどにも関係する?
ストレスというとなんだかよくない事のように思う事が多いではないでしょうか?実際ストレスなどはホルモンバランスを崩す要因になりますが、自律神経系に影響を与えるためニキビという以外における影響の方が圧倒的に多いと思います。その中の1つにニキビが当てはまるという事が多いかもしれません。実際にストレスを受けるというのは精神的な面もあり、また物理的なストレスもあります。一般的にストレスというと心理的な精神的な面の事を思い浮かべるかもしれません。一番ストレスがかかりそうな場合には精神的に追いつめられるというのがストレスでも一番大きそうです。しかし物理的ともいえるのもストレスではあり、例えば事故とかのけがの場合関係していたりします。脳がどう感じるか?というのが関係しているため、必ずしもそれが体などにでてくるとか限らないともいえるかもしれません。難しい表現でいうと生体バランスが崩れるともいえますが、けがで入院とかした場合には生活のバランスが崩れるので、生体のバランスを崩す要因でもあるバランスという面が日常から突発的に離れたりすることもストレスになることもあるでしょう。そういった面で身体にはストレスに適応するという事もあります。例えば外国とか言った時に言葉が通じなくても身振り手振りでジェスチャーすることを自然に行ったりしようとすることでその場で適応しようとします。わざわざ英会話教室に1時間予約入れてから再度出直しというのはしませんよね。また北極とか急に言った場合にも突然気候が変わってしまいストレスになりますが、徐々に適応しようとします。かけはなれれば離れるほど生命の危険というのが伴いますが、常識的な範囲内であれば体は適応しようとします。ストレスを受けた際には過剰に受けすぎた場合には良くないとされています。
20年近く悩みが続く毛穴の黒ずみについて
毛穴の黒ずみについて気になり始めたのは20年近くも前のことです。中学の時でしたが、あるとき鏡を見てみると鼻に黒いぶつぶつができていたのです。そして友達にそのことを言と絞ると中の黒いものが出てくると教えてもらえたので実際に絞り出してみました。面白いほどに取れるので定期的にしていました。しかしあまりこれはやりすぎると毛穴が開いたままになってしまうという話を聞いたのでやめました。洗顔ではなかなか取れませんし。黒ずみといったら毎日の洗顔とかが大切なんだそうですが、昔やりましたが改善するという事にはなりませんでした。あれから20年経過した今でも困っています。これはコンシーラーなどで隠すことも可能なのですが、時間が経過してくると見えてしまいます。接近したときにみっともないですし早くスキンケアを頑張って解決したいと思います。黒ずみを取るための化粧品なども最近では販売されているのだそうです。ですのでそれを使ってみたいと思います。一日だけではなく、継続して使うことが大事なのだそうです。そうすると次第に中の黒ずみが消えていくのだそうです。接近しまくると毛穴のぶつぶつがわかりきってしまうので私は毛穴を引き締めたくてこのサイトでよく化粧水とかで良いのがないか探したりする時があります。大人ニキビもたっぷり出来るので、色々サイトを参考に改善に励んでいます。

過去の強い台風などおすすめページ

http://uminiikou.info/entry40.html
過去の強い台風などおすすめウーマシャンプーを実際に使用してみた感想など体験談の記事一覧ページです。